田舎でも会えました

田舎でも会えました

僕はセフレがとても欲しいと考えていましたが、田舎に産まれ田舎に育った時点で、本当にセフレとは縁遠い生活を送っていました。
やはりセフレは都会の男の話だろうかと諦めてすらいました。
ある日のことです。
僕はなんとなくネットサーフィンで遊んでいると、同じ県の人がセフレを見つけた方法を書いていました。
本当だろうかと半信半疑でしたが、真似をしたところでお金はかからないことがわかり、実践してみました。
で、彼の紹介する方法はアプリで見つけるとのことでした。
アプリなんて危ないんじゃないだろうかと考えましたが、ここ最近のSNSの発達などを考えると、当たり前なのかもしれないと思いました。
アプリに登録して数日、僕は一人の女性と懇意になっていました。
彼女は同じ地域のフリーターで、同年代ということもあり、話題に欠かすことはありませんでした。
もちろん相手もセフレ探しだったので、会う話になるまでは、数日かかりませんでした。
待ち合わせ場所に本当に来るだろうかとドキドキしましたが、無事合流することができました。
適当に喋って食事をして、ラブホテルに足を向けました。
さすがに初めて会った同士が性行為をすることはとても恥ずかしい気持ちがある一方、感じたことのない高揚感に包まれました。
彼女のしなやかな身体を抱きしめ、激しく勃起したペニスで突き上げる快感は、言葉にできない恍惚を覚えました。
彼女との関係は今でも続いています。
身体が欲しくなったときは、どちらからともなく連絡している感じです。

 

【岐阜県|20代|男|フリーター】

関連ページ

お小遣いを貰えて気持ち良いセックスも堪能出来ています
私は大阪府で生まれ育って現在まで大阪府で暮らしているのですが、家事手伝いとして21歳の年で親元で暮らし続ける事に嫌気が差し、この度独立を決意して東京に上京する事になりました。
野性的な魅力に堕ちた私の体験
アプリで知り合った男性にかなりワイルドな男性がいました。 私は男性は強くないと嫌なので、そういった男性が好みです。
出張中に出会い系でセフレを作りましたが出張を終えると同時に別れました
出張のおかげで口うるさい妻から解放されて、良かった良かったと最初は楽観視していました。 しかし口うるさいと言え、妻がいなのは寂しいもので、私はその寂しさを紛らわす為に出会い系を使うようになったのです。