セフレでも失恋する

セフレでも失恋する

サッカー観戦をしていて試合は圧倒的に応援しているチームが押されていて前半の内に三点も入れられていました。ハーフタイム中に負けてるストレスを発散させようと出会い系サイトの相手とメールをしていたら今日は暇だから会えるというメールが入りサッカー観戦も後半途中で切り上げて彼女に会いに行きました。

 

彼女とはいわゆるセフレで食事をしたあとは必ずラブホテルに行くというのがお決まりのスケジュールとなっていました。その日もオープンしたばかりのトンカツ屋で食事をしたあとにいつも利用しているラブホテルに入り事を済ませると彼女から思わぬ言葉が発せられたのです。

 

もうこの関係を終わりにしたいということでした。職場の男性から交際を申し込まれているというのが理由でした。私は動揺してしまいましたが出会い系サイトで知り合った際に私の方からセフレ募集というメッセージを残してしまったので彼女の要望に答えるしか選択肢はなかったのです。

 

セフレでもフラれることがこんなにも辛いとは思いもよらずに落ち込みました。しかし失恋に慣れてる私は翌日には心機一転を心掛けて出会い系サイトで可愛いギャルを見つけようとスマホ片手に出勤しました。電車内で好みの女性を検索していると割りきった関係を募集という伝言が沢山あって、私はこの世の中にはセックスだけを求める人が多くいるのだと思い元気を出してスケベ本能が全開になった挙げ句降りる駅を間違えてしまい遅刻してしまいました。
【静岡県|20代|男性|会社員】